子育て と 移住~北杜市小淵沢篇~

今日は、八ヶ岳南麓 北杜市小淵沢に移住されたYさんのお家にお邪魔しました。
Yさんは、私の勤めているアトリエデフで3年前に自然素材と土壁のお家を
建築して下さいました。

Yさんは、ご夫婦とふたごのお子さんの4人とネコ一匹暮らし。
子供の手をはなしても安心して遊ばせられる家に。
小学校、中学校、寄りの駅(小淵沢駅)からは、歩ける距離に住む。
それがYさんの土地探しの条件だったそうです。

北杜市小淵沢に移住する前から、共働きのYさん。
当時住んでいたのは神奈川県川崎市。仕事をするには便利な場所だったけど、お子さんは待機児童になってしまったそう。いよいよ今年から入れる…となった時に直面した高額な保育料…。お仕事を時短をしてしまうと、ますます支払いが厳しい…
なんのための仕事なのか、なんのための保育園なのか。
おやおやこれはおかしいぞ、と気が付いたそうです。

(この日はこれから味噌づくりのYさんご家族。)

以前から、将来の「終の棲家」を探し歩いていたYさんご夫婦(まだ若いのに笑)。
お正月に「移住だ!」と、閃いたYさんは、その中で見つけていた小淵沢という土地を訪れ、やっぱり「ここだ」と思われたそう。

道すがら、出逢った不動産屋さんは全部行った!というご夫婦。
土地探しの途中、市内の児童館で遊ばせてもらいながら
子育て・保育園等に関する情報も入手していったそうです。
ドライブで飽きちゃうお子さんのためにも、とても有難かった、とYさん。

●北杜市の児童館については、コチラ


もちろん、小淵沢に待機児童はなし。高額な保育料もかかりません。

多忙な日々の中でふと立ち止まって考えてみる「住み継ぐ」ことについて。
じっとそこにいる間は、何かと不安や恐れが浮かぶものですが、
そんな時は、気になる場所に気楽に足を運んでみる。
自分と同じような世代や、趣向が近そうな人がいそうな場所に飛び込んでみる。

そんなふうにして、気が付いたら導かれていることって、意外と多いのかもしれませんね。Yさん、インタビューありがとうございました^^

【おまけ】
そんなYさんにお会いして、今の暮らし、移住のこと
実際に聞いて頂けるイベントもあります~実は!
「北杜市小淵沢オーナーズハウス見学会(アトリエデフ)

八ヶ岳の住人に、会いに来てください♪

yosssy

▼ おもしろいと思ったら、シェア!!▼

あちちちちどんど焼き!

みなさんの地域にもあるでしょうか?どんど焼き。

年始に行う地域行事の一つで、前の年にお世話になっただるまや
しめ縄飾りやお守りなどをお焚き上げする行事ですね。

長野県内だけでも、「三九郎」と言ったり、「左義長」と言ったり、
地域によって名前は変わりますが、全国で行われるお正月終わりの定番です。

今回、原村のペンション・原山地区でのどんど焼きに参加してきました!
すごく立派なやぐら。

そして、夜に火がつくと・・・遠くからでも大迫力!

火花が高くまで飛んでいて、キレイでした。

でも、ただ燃やして終わりではないようです…。

わたしの育った長野県原村では、
どんど焼きといえば 、厄投げ!

厄年の男女が、お菓子や小銭を集まった人たちに向かって
投げる投げる!!これは、厄払いの代わりなのかな?

人がすごい&暗すぎて、写真はないのですが、
宝投げのような感じです。(笑)
人だかりに向かって、わっさわっさ投げていきます。

でも、原村の全地区でやってるわけじゃないんだそう…!
ないと物足りないけどなあ…

おとなりの富士見町のある地区では、
こどもがメインのお酒一切なし宴会が行われるそうな!

そして、もう一つ恒例なのが、
カラフルな甘いお餅「繭玉」をどんど焼きの火で焼いて食べるコト!
これ、とてもとても美味しい!
お母さんと繭玉だんごを作って、木にさして、
ぶらぶら揺らしながら会場に行くのが楽しかったです。
↑たくさん浮いてる丸いのが、木にささった繭玉。

今年は作ってないけれど、お友達におすそ分けしてもらいました☆(笑)
あと、マシュマロをさして焼くのも流行り?!

今回はこんな手作り繭玉に遭遇。
大きいのから小さいの、色鮮やかでかわいかった!

甘酒が配られたり、日本酒が配られたり、
同じ地域に住む人達との楽しい交流もできて、

今年、気づいたこと。
わたし、結構、どんど焼き好き!

今年のお正月も、これでおしまい。
さあ、2019年、素敵な一年になりますように。

▼ おもしろいと思ったら、シェア!!▼

新年のご挨拶

みなさま

あっという間に1月も中旬です。
明けましておめでとうございます。(いつまで言っていいのでしょうか…)
2019年もどうぞよろしくお願い致します!

昨年は、この「八ヶ岳に住む。」がスタートいたしまして、
たくさんの方に、八ヶ岳の麓の暮らしの様子を見ていただけたこと、
そして、ブログを書いている私達4人と出会ってくださったこと、
とても嬉しい一年となりました!ありがとうございました。

2019年は、益々多くの方にこのブログに足を運んでいただき、
更には実際に八ヶ岳の麓に足を運んでいただきたいです!
澄んだ空気や気温、音、匂いなどなど、
写真や文章では伝わらないことがいっぱいあります。


そう、どんど焼きの「火の熱さ」なんかも。。。

1月12日(土)、わたしの住む原村ペンション地区では、
どんど焼き(どんどん焼きや三九郎など呼び方はたくさんありますね!)がありました。
書きはじめると長くなってしまうので、
また、別に記事を書きたいと思います!

ひとまず、新年のご挨拶を。
本年も、どうぞよろしくお願い致します。
みなさまにとって、2019年が幸多い年となりますように・・・


おぐっぴ

~おまけ~

年末は、お餅つきをしたり、、、

しめ縄をつくったり、、、

東御市に行って、お友達のお犬と遊んできました。

▼ おもしろいと思ったら、シェア!!▼

八ヶ岳山麓~冬暮らしの相棒~

八ヶ岳山麓の冬暮らしの相棒、

それは、言わずもがな「薪ストーブ」です!!

 

マイナス10度を下回るような寒さになる八ヶ岳山麓(標高1,000mくらいだと)。
寒い冬をぬくぬく快適に過ごす暖房は、やはり薪ストーブじゃないでしょうか。

いつかは、八ヶ岳に移住、そんな夢見る暮らしの中にも、きっと欠かすことのできないアイテムじゃないかな、と思います。

我が家の相棒は、フランスのアンヴィクタの「スドン15」というストーブ。

扉のガラスが大きくて火が楽しめること、大きな天板、シンプルな形がお気に入りです◎

この写真、土間に置いたソファから撮っているんですが、正面から伝わるあったかい熱で、ついついうたたねしてしまうのが、玉にキズですね。

天板の温度は、250度以上に上がるので、熱を無駄にしないように、ヤカンは常時セットしておきます。

ストーブのサイドには、ニイチェアをセットしています。オットマンに置いた足が気持ちいいんですよね~。でも、一脚しかないので、いつも妻と奪い合いです!

 

こんな我が家のストーブ生活ですが、お知り合いの家の写真もチラリと載せてみます。

こんな風に、天板でパンをあっためる、なんてことも、もちろんできます。
こちらのストーブは、煙突を背面から出しているので、天板を全部使えるので、とっても便利なんですよね~。ストーブは、ヨツール社のもの。

 

こちらは、2階から撮ってみた写真。このストーブの天板も、鍋とヤカンがセットされて、貴重な熱源を有効利用中です。
このストーブは、長野県の中川村で手作りされている「イエルカストーブ」。
正面に、二つ取っ手が付いていますよね?
実は上の取っ手をあけると、そこはオーブンスペース。さつまいもをそのまま放り込んで焼き芋を作ったり、スキレットごと入れて調理、なんて楽しみ方ができます。

 

八ヶ岳山麓の冬はとにかく寒い!これは間違いないです。
寒さで大変な場面も、もちろんありますけど、この冬を楽しまないと八ヶ岳ライフは満喫できないですよ。薪ストーブのあたたかさを知ってしまったら、きっと他の暖房器具には戻れないですね。これ間違いなし!

▼ おもしろいと思ったら、シェア!!▼

「冬ごもりマーケット」で過ごす冬じかん

こんにちは、チカです。

私、デスクの前にチラシを貼って、とても楽しみにしていたイベントに行って来ました。「冬ごもりマーケット」です。

ワークショップがメインのマーケット。クリスマスにぴったりの、リースやオーナメントがつくれたりするんです。大事な人へ贈り物を作るのも、とってもいいと思います!

 

会場は「白州・尾白の森 名水公園 べるが」にある、ガラス屋根のひだまりドーム。室内だから、12月でも大丈夫。丁度良くにぎやかで、おしゃれな雰囲気でした。

 

 

会場の真ん中には樹が植わっていて、その周りを取り囲むようにお店が並んでいます。木にも飾りがついていて、クリスマスな感じだ~

 

北杜市中心に、山梨県の手仕事作家さん、食べ物屋さん、本屋さんが出店されていました。お世話になっている作家さんとお話をして、いろんな出店者さんのお店を、じっくり見させていただいて・・・。お酒屋さんだけど手相も見てくれるという出店者さんもいらっしゃいましたよ。

そのなかのハーブ屋さんで、自分にあった香りを選んで、香水を作ってもらいました。20種類ほどの香りのなかから「良い香り」と思えるものが、今の自分に必要なものだそう。

日本原種の「イブキジャコウソウ」という名のタイムと、気持ちを落ち着かせてくれるというアニスシードを選んだら、お店のお姉さんがポットマリーゴールドを足して、香りをまとめてくれました。(ポットマリーゴールドも好きなのでうれしい!)

調合してもらって、出来上がり。写真の中央が選んだ瓶で、その左上のアトマイザーが完成したものです。

「イブキジャコウソウ」は、勇気という意味があるそうです。ハーブって、リラックス効果とか、虫除けとか、そのくらいしか知らなかったけれど自分に自信をくれたりする香りもあるのを知らなくて、新しい発見でした。

帰る前にお楽しみ、コーヒータイム。。

コーヒー屋さんのところへ行って、オーダーすると「他のお店を見てきても良いし、淹れるところを見ていてもいいですよ」と言って頂いたので・・・じっと観察させてもらいました。

八ヶ岳周辺も、いろんなイベントやマルシェが増えましたが、「冬ごもりマーケット」は、お店の方とフランクにお話できたり、手仕事を間近で見ることができたり、この場に居る人がなんだか皆あったかくて・・・特別なイベントな気がします。人との繋がりが幸せだなあって思う。

かわいい石のおばけ。かわいい。

きっと来年も「冬ごもりマーケット」あると思います。来年も、また来たいな~。
あと一年後ですが、皆さんもぜひぜひ覚えていてくださいね。
とってもおススメのイベントです。

=チカ=

 

 

▼ おもしろいと思ったら、シェア!!▼