冬休み…ではありません

随分とご無沙汰してしまいました!

八ヶ岳の住人、元気にこの冬を過ごしています。

昨日の夜から雪が降って、少し積もりました。

12月は全く降らず、あー最後の審判の日が近いんだわ、と地球滅亡を想像していましたが、

やっと降り始めてくれました。

少し安心です。

でも、スキー場は死活問題!心配です。

来年も、再来年も、安心して、こたつで、薪ストーブの前で、毛布の中で、

ぬくぬくぬくぬくしていたいですね。

安心してバランスの良い地球で過ごすために、

ゴミを減らすことや、石油を使いすぎないこと、森を荒らして作られるものは選ばないこと……

考えてみると、色々できそうです。

雪が降ると、なんでも撮りたくなります。

職場では、薪ストーブを使っているのですが、

オーブン付きなので、なんだか美味しいものを焼いたようです!

寒くてありがと。

おぐっぴー

▼ おもしろいと思ったら、シェア!!▼

焼き芋おいしい、お豆ぱちぱち

紅葉が深まり、八ヶ岳にも雪が積もり、季節はどんどん進みます!

原村にある私たちの小さな畑、「循環畑」でも、
お蕎麦、大豆、小豆、小さい黒豆、さつまいも…などなどが、収穫の時!

大人数でやれば、広い面積でも化石燃料に頼らず、収穫できます。

大規模になればなるほど、人力では運べないほどの量になって、
虫も湧いて、管理もできなくて、薬に頼って…
薬を撒く機械にも燃料が必要で…
なんだか、アホらしくなります。ネ!

蕎麦の刈り取り後は、足踏み脱穀機で脱穀、
とうみがけ(ゴミを飛ばす人力ブロワ―的な)
畑のブラックダイヤモンド!

大豆、小豆も収穫して、干しています。

さやから豆が弾ける時、

「ぱち・・・・ぱち・・・ぱちっ・・・」と音がします。

お豆が足でさやを蹴ってるみたいで、かわいいです。

収穫の合間には、掘りたてのさつまいもで焼き芋を!

秋晴れの空の下、「自然と生きる」を存分に味わう。

でも、きちんと四季がないと、お芋もお豆もお蕎麦も生らない。
強い台風、大雨、竜巻、熱波、、、、 もうこれ以上ひどくさせたくないなあ。

季節が進むことに感謝しながら、
ああ、来年もまたこの季節がちゃんと来ますように。

さ! これから、地道な豆の選別作業が始まります~

オグッピー

▼ おもしろいと思ったら、シェア!!▼

原村・茅野市・富士見町 のハザードマップ

台風19号では、甚大な被害が発生し、とても心苦しいですね。
被害に遭われたみなさまに、心よりお見舞いを申し上げます。
長野県内では千曲川の氾濫が大きく取り上げられていますが、
テレビなどで報道されるところだけでなく、東日本全体で多くの被害が発生していますね。

さて、そんな台風19号は、原村、茅野市、富士見町には爪痕を残さずに
去っていきました。
私が住んでいる原村では、12日昼ごろの避難警告、
そして夜7時頃には避難勧告となりましたが、なんとか持ちこたえることができました。

なお、今回、最も氾濫しそうで避難勧告などが出ていたのは、
大雨の際には危ないなあと噂になる茅野市市街地にある「上川」でした。
(ビーナスライン沿いから茅野駅を越え、通勤バイパス沿いに走る川です)

諏訪湖周辺では、大雨の度に冠水するところもあったりして、
普段からのパトロール(?)も非常に大事。

ということで、今回は、各市町村のハザードマップをリンクしておきます。

原村の土砂災害ハザードマップはこちらです。
https://www.vill.hara.lg.jp/docs/2121.html
主に、弓振川周辺が注意です。
茅野市は大きすぎて、地域ごとに分けられていますので、
気になるところを見てみてください。https://www.city.chino.lg.jp/soshiki/bousai/1678.html

富士見町はこちらです。
https://www.town.fujimi.lg.jp/uploaded/attachment/10329.pdf
前後を山に挟まれていますので、
富士見駅や国道20号沿いに向かって、土砂が流れる想定となってます。

自然災害は地震、津波だけでなく、大雨や台風によっても大きな被害がでることを
今回学びました。。
そして、昨年は、台風の暴風によって多くの木が倒され、
長期間の停電も起き、断水にもつながりました。

最近の地球環境のことを考えると、安全な場所はどこにもないんだ、と痛感させられます。
だからもし、被災してしまったら、被災後の暮らしを支えるのは地域とのつながりです。
日頃の備えの中に、ぜひ地域とのつながりを持つことも入れておいてくだされば幸いです。

移住者や別荘の多い八ヶ岳の麓では、少し特殊なコミュニティが多いかもしれません。
移住することでコミュニティが変わったり、
2地域居住をする中で、二つのコミュニティと関わることになったり・・・

でも、そこにも配慮をしつつ、コミュニティを作る人たちがいます。

ここに住むぞ!と思ったら、ぜひコミュニティ内で存在感を発揮してくださいね!
防災訓練にも参加すること~!(早速土曜にある。。)

おぐっぴー

▼ おもしろいと思ったら、シェア!!▼

八ヶ岳の麓で保存食づくり!

こんにちは、おぐっぴーです。

このところ、休日は家で過ごすことが多く、
実家のため、ご飯づくりまではしないものの、
おすそ分けでもらった果実たちを加工することがあります。
(また食べ物の話か!)

梅、プルーン、山椒・・・みなさんの周りにありますか?

梅は、砂糖につけてジュースや梅干しに。
刻んで、毎日素手で混ぜること一週間で、「酵素ジュース」のできあがり!

梅干しは人それぞれのレシピ、好みがありますよね。
個人的には、はちみつ漬けが好きです。

プルーンって、生で食べるのは長野県だけだとか!
たくさん収穫したので、こちらはジャムにしました。

(虫対策をしていないので、ひとつひとつ開いて、虫がいないか確認するのが大変だった!)
時々ほおばって、今だけの味を楽しむ。。

お次は山椒。

すり鉢でゴリゴリすって、
お味噌とみりんを混ぜ、少し炒めたら、「山椒味噌」に★
白いご飯にとても合います~

今年逃してしまったものは、スグリ…
レッドカラントとも呼ぶそうですね。
すっぱくて爽やかで、ジャムにするととても美味しくお気に入りなのですが、
すっかり収穫しそびれてしまいました…。
季節の移ろいは、なかなか待ってくれません(泣)
夏の終わりを告げる冷たい風が吹く・・・

そんな寂しい思いもしつつ・・・

だーーーーん!と美しい秋晴れを見ると、これこれー!と嬉しくなったりして。
生きてるな―――と感じさせてくれます。

たくさん汗を流した日、
色んな気持ちになった日、
ちょっと疲れた日、
しんどくなった日、
それでもお腹は減るから、

食べ物のことばかり考えていたっていいじゃないかー!

八ヶ岳に住む理由の一つに、ご飯がおいしいこと。もあると思います。

食べることが楽しいと、
生きることが楽しくなる。かも。

▼ おもしろいと思ったら、シェア!!▼

原村の夏、畑と暮らす。

朝晩は、外気20℃を下回るようになった、原村標高1150mの朝。
私は、原村田舎暮らし案内人をボランティアでやっていますが、原村への移住に興味があって…いう方から、よく夏に「寒さはどうですか?」と聞かれます。

早速。一昨日から、羽毛布団に変わりましたー!もうこれで来年の7月までお世話になります。Tシャツ一枚、サンダル裸足でお出かけは、おしまいかな。今年の夏は、特に短かったなあ~、と思います。

そんな、原村の夏の思い出をダイジェストで。

①長い梅雨があけ、貴重な晴れ間の連続で、梅干しを干す!

②真っ青な八ヶ岳ブルーの午前中。網戸を洗って干す。
網戸をこうして家の前でガシガシ洗えるのは、気持ちがよい!

③ズッキーニ3兄弟。(手袋との大きさ比較に注目!)お盆休みに山へ行っていて、久しぶりに畑に戻ったら、こんなことに!
(大きくなっていた長男ズッキーニも、残すことなく全部食べました★)

④休日の、畑の恵み素麺ランチ。
素麺以外、ぜんぶ家の畑で採れました♪こういう休日のごはんは、出かけて食べるごはんより、たのしいし、おいしい。

⑤掘りたてじゃがいものかまどコロッケ!
お盆が明けて、新じゃが掘りました!早速、循環の家でコロッケにして、かまどで茹でた。

ってことで、夏の思い出@原村、食べ物だらけでした!笑
特に今年は、雨が多くて、夏野菜がよく育った感じがします。私の中吉畑も、3年目を迎え、だんだんと土が育ってきた感じで、毎年少しずつ野菜の育ちがよくなっています。職場のお昼ごはん風景~。それぞれのスタッフから持ち寄られた自家製野菜のオンパレードです!

八ヶ岳に住む。その魅力は、食にあり。
これは間違いありません!

yosssy

▼ おもしろいと思ったら、シェア!!▼