八ヶ岳でお茶をつくる

こんにちは、おぐっぴーです。

八ヶ岳の麓は、霧のような雨ではなく、大粒のダーーー!という雨が多い最近。
お山の天気なので、雷はよくあるんですが、長い時間、大粒の雨が続くと、
ドキドキしちゃいますネ。

さて、そんな中でも緑の多いここでは、葉から落ちる雨粒が
キラキラと光る景色に、心落ち着くこともしばしば。

小さなことですが、雨が降ったあとは、苔もふわふわしていてかわいいです。

失敬、猫のふわふわを出してしまいました。
こちらが苔でした。

前置きが長くなりましたが、先日お茶ができました!!

つくった、というよりは、摘んで、干して、炒って。

何茶だと思います?




正解は、・・・・・・・・「とちゅう茶」!

ダイエットなどで一時期ブームになったみたいですが、
少し効能のありそうな香りがして、独特の味がします。
畑の隅に生えていたのを発見して、摘んできたそうです。

youtubeで作り方を検索して、現代の波にのりつつも、
目の前の木の葉をお茶にするという、田舎らしさ。。。
何事もバランスが大事です。

さて、続いては・・・・

現在は散ってしまいましたが、綺麗に花を咲かせていた、カモミール!
こちらも、黄色い所を摘んで、
そのまま、いわゆる生ハーブティーとしても飲めますし、
干して乾燥させれば、季節問わず飲むことができます。

いい香りがして、癒されます・・・
簡単、好きな香りなだけに、ずっとやりたかったのです。
種まいてくれてありがとう、あんちゃん・・・(仕事場の後輩)

そんなこんなで、
季節が巡り、夏を前にすると、色々と採れて楽しいですね!
広いお庭がある方は、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか!
そして、目の前の木はなんだろう?と観察して調べてみると、
意外に可能性があるものだったりして!

発見の多い、八ヶ岳の麓からでしたー

★先日、東京にいきました

▼ おもしろいと思ったら、シェア!!▼

新米移住者の私がしたいこと

皆さま、はじめまして。

八ヶ岳の麓に暮らし始めて三ヶ月、八ヶ岳の住まいびとこと、新米移住者の辻です。

私もこの度「八ヶ岳に住む。」デビューをさせていただくことになり…

「なにについて書こうかな…」

と頭を悩ませています。

注)三ヶ月間、何もしていなかったというわけではありません!笑

三ヶ月前………初めての地、八ヶ岳。

真っ先に「スーパーはどこにあるのかしら…!?」

となっていた、引っ越ししたての私であります。

不慣れなふにゃふにゃな運転で、お店が立ち並ぶ茅野市まで下り、

まず生活をできるアイテムたちを集めました。

アイテムが揃ったら、自分の装備も揃えよう…4月の八ヶ岳は、寒い。

と、防寒具も身につけて…。この時すでに、私は致命的なミスを犯していました。

それは、ノーマルタイヤでこちらに引っ越してきてしまったこと。

八ヶ岳の麓では、4月にも雪が降ることがあります。

スタットレスタイヤからノーマルタイヤへの衣替えは、5月のGW時期がグッドタイミングだそうです。

自分の装備はよかったけど、愛車の装備がダメだった!

(しかし雪は美しい景色を見せてくれた)

積雪のハプニングも過ぎ、日は流れ…

休日にお家周りや会社周り、ちょっと遠いところまで足を伸ばすことにも慣れ始めました。

さぁ明日がお休みだぞ、という時。

もう生活は十分整っている、という時。

じゃあ…気になっている場所に行ってみよう!

それに、やってみたいことをしてみよう!

そういったことを考えて、ワクワクするのは皆さん好きですか?

私は好きです!

ここからがこのブログの本題、タイトルにもある「新米移住者の私がしたいこと」です。

ひとつめ「美術館巡り」

私は絵を描くこと、見ることが好きなので、八ヶ岳にある美術館や博物館などにはぜひ足を伸ばしたいと思っています。展覧会や、ギャラリーなんかにも!

 

ふたつめ「パン屋さん探し」

「おいしいよ」と教えて頂いたパン屋さんだけでなく、何も情報を入れずに自分で探して赴き、食べてみて、「あっ、このパン屋さん好きだ!」という嬉しい気持ちを味わいたい…。ちなみに好きなパンはくるみパンです。

 

みっつめ「雑貨屋さん探し」

雑貨屋さんにいると私すごーくすごーく癒されます。癒しの場所を探したい!

 

よっつめ「風景スケッチと街角スケッチ」

美術館巡りのところで書いたように、私は絵を描くことが好きです。楽しくて好き♪というだけではなく、もっと描けるようになりたいなぁとも思っていて、習作としてスケッチをできたらなぁと考えています。作品ができたら、こちらにも載せたいです。

 

以上…人並みですが、「私のしたいこと」でした。

好きな場所が増えることは、その地を知ることにも繋がるはず。

ワクワク、ワクワクしますね。

皆さんにも、これからこのブログで、私が赴いた場所、そこで感じたワクワクなど、伝えていけたらいいなと思っています。

文章ばかりのブログになってしまいましたが…

どうぞこれから、よろしくお願いします。

 

 

 

○おまけ○

八ヶ岳にきてすぐ、「空が!きれい!」と感動した時の写真たちです↓

 

 

 

 

 

 

▼ おもしろいと思ったら、シェア!!▼

八ヶ岳に登る!~硫黄岳~

こんにちは!

八ヶ岳に住む、ブログを書き始めてから、何か足りないな~~と思っていました。

そう、ブログの冠の「八ヶ岳」の記事がないのでは!!!とはっとなりました。

というわけで、梅雨の晴れ間が、たまたまお休み、ということで、さくっと硫黄岳に登ってきましたよ。

我が家(夫婦)の重要な趣味の一つが、登山、のはずなんですが、どうも中々機会が少なくなってしまって・・・移住した人にはそんな人が多いのかも。

いつでも行けるし、快晴じゃないと行きたくないな、と贅沢になってしまってるんですね~

さて、今回登った硫黄岳。
標高2760mとそこそこ高いのですが、片道2.5時間程度と、八ヶ岳連峰の中でも初心者向けの登山ができます。
ルートは主に、美濃戸口からか、桜平駐車場から、です。ちなみに桜平駐車場は、駐車料金がかからないのでお徳かと。そして、我が家からは、車で約40分と近いのであります!

ルート上に、3箇所も山小屋があるので、休憩も良いタイミングで取れますよ。
2番目の山小屋「オーレン小屋」にある、八ヶ岳の伝説◎これ好きなんですよね。
富士山と八ヶ岳が背比べをして、負けた富士山が癇癪を起こして、八ヶ岳を蹴っ飛ばした、というものです。天下の霊峰富士がそんな地団太踏む子どものようだったとは・・・

オーレン小屋を出て30分ほどで、夏沢峠というところに到着。
ここからは正面の山頂に向けて、ずんずん登ります。右手には北アルプス、南アルプス、御嶽山が見渡せて本当に気持ちがいい!!

ちょっと最後はふうふうと息を切らしながら、無事登頂成功です◎

硫黄岳の山頂は、ちょっとだだっ広くて、登山者は思い思いの場所で、腰を下ろしながら、赤岳、横岳、阿弥陀岳といった、八ヶ岳連峰の山々を堪能することができます。
いや~、ここまでの快晴って中々ないですよ。

後ろを振り返ると、北アルプスの山々。まだ雪が残っている様子が分かります。

山頂で、お茶とお菓子&つかの間の昼寝(?)。朝早かったのでうとうとと。
エネルギーチャージをして一路下山開始。2時間ほどでさくっと下りれました。

朝6時過ぎに家を出発して、お昼12時ごろには下山してくることができました。
登った山も2760mと低山ではないしっかりとした山。こんな楽しみかたができるのは、八ヶ岳の麓に移住したからに他ならないですね。
八ヶ岳ライフならではの贅沢を満喫していかないとですね~

 

最後におまけ。
桜平駐車場から登山をしたかたには、ぜひ帰りにお立ち寄りを!
ずーっと下ってきたらそのまま行き当たります。ジェラート屋のペパンさん。
常時8種類くらいのジェラートがありますが、どれも外れなくおいしいです。この日は。アンデスメロンと花豆で!(勢いよくがっついたので写真はありませぬ・・・)
おすすめですよ~~

 

▼ おもしろいと思ったら、シェア!!▼

「パティスリーアツタマ」がアツい

八ヶ岳山麓には、言わずと知れた、名門級のすてきなお店がたくさんあります。
都会で揉まれ(笑)、修行を積んで、八ヶ岳で開業!
おいしい水、空気、食材を求めて、作り手の暮らし環境そのものを改善したくて…
そんな料理人さんが実は多くいるのも、ここ八ヶ岳の特徴のひとつだと思います。

(「あります」の看板がずっと気になっていました…)

今日、私がご紹介したいお店がこちら。
北杜市高根町のちいさなお菓子屋さん「パティスリーアツタマ」
ここは、私の勤めるアトリエDEF山梨営業所から歩いて行けます~

昭和を感じるガラスの引き戸をあけると、小さなショーケースにキラキラした洋菓子たち… じゅるり。。。
「すみませーん」!と奥に声をかけると、店主の小島さんが出てきてくれます。なんだかその辺の雰囲気は、昔田舎にあった「駄菓子屋」風。


店主の小島さんは、東京目白の有名ケーキ屋さんで修行されて、実家である北杜市「安都玉製パン工場」に戻って来られたそうです。
安都玉製パンは、北杜市内の学校給食パンを作っていらっしゃるので、お菓子ケースの裏は、こんな感じ。

北杜市内の小中学校のパンケースがずらずら~!
工房の壁には、小中学校のクラスごとの人数もびっちり書かれています。
なんだかほっとする雰囲気。

地域に根付いて、こどもたちの給食パンを作り続けている実家と、修行から戻り新たなお店を開業された息子さん…なんだかとても気になってきた…
あつたま流“継業” のお話、いつか2世帯でお話を聞いて見たいです。

(注文を受けてから入れてくれるシュークリーム、
甘すぎず、生地やクリームの触感も楽しめる絶品です!)

パティスリーあつたま ぜひお出かけしてみてください。

◆パティスリー・アツタマ (patisserie Atsutama)
山梨県北杜市高根町村山北割3268 安都玉製パン工場
https://tabelog.com/yamanashi/A1902/A190201/19010557/

yosssy

▼ おもしろいと思ったら、シェア!!▼

ぐるぐる循環する暮らし

こんにちは、おぐっぴーです!
あちらこちらで、仮払機のシュイ―ン!チャキーン!という
音が響いております。草の伸びる季節がやってきましたねえ・・・。

草刈りは大変ですが、自然が豊かなこの地域。
ならではの興味深い暮らしをしている方のおうちへ、おじゃましました!

唐松の外壁が良い色です~

玄関から続くキッチンは、藤岡瓦が敷いてあり、
薪ストーブの上には、これから漬けるという梅が!
毎年、ご近所さんからいただくそうです。
”もらった梅”での梅仕事、あこがれちゃいますよね~

なんと、米粉でクッキーを作ってくれていました。
上のジャムは、ジュンベリー。
お庭にあるジュンベリーの木から摘んだもの。
お庭と室内が繫がります。うんうん。美味しくないわけがないよね。

いいな!と思ったのは、この子。

にわにはにわにわとりがいる。というやつです!
(正しくは3羽)
この子たちの糞をまとめておいて、
発酵させたら畑にまいているんだとか!
ホームセンターで売ってる”鶏糞”を自家製。いいなあ。

お土産です。なんて贅沢!
お家で卵かけごはんにして、いただきました!
黄身がつまめる新鮮さでしたよ~

カシラの木陰が土壁に写って、キレイでした。

これから、養蜂や田んぼもやりたいの!とおっしゃっていた住まい手さん。

田んぼをやれば、ワラが手に入り、畑にマルチや保温・保湿のために使えます。
生米は鶏の餌にもなります。

養蜂をすると、みつろうが採れて、お家のお手入れにつかったり、ろうそくも作れます。もちろん蜂蜜も。
畑には、絶滅危惧種になりつつあるニホンミツバチが出入りしているそうで、
できそうなのよね~とニヤニヤ…本当に楽しそう!

鶏が出す糞は畑の肥料へ。卵は、おいしく胃の中へ。
畑から採れる野菜や穀物は、人にも行くけれど、もう一度鶏へともどります。
そこから出る生ごみも、もう一度畑の肥料へ。

ぐるぐるぐるぐる循環して、回して回して、無駄なく。
あれはどうだろう、これはどうだろう?と、その場でできることを増やしていく。
どんどん豊かになる住まい手さんの暮らし。

みなさんもいかがですか?

▼ おもしろいと思ったら、シェア!!▼