原村から名古屋へ。

先日、名古屋にて、お友達の結婚式がありました!

さあ、結婚式は、午後3時から。
しかも明日は、仕事。

ということで日帰り名古屋に挑戦です★

基本的に、長野県から出る時は、新幹線や特急、高速バス、車のどれかを選ぶことになります。

東京に行くときは、「特急あずさ」。最近新型が出て、話題になりました!

では、名古屋へは・・・?

このグレーのボディにオレンジのラインが特徴の「特急しなの」をつかいます。

特急しなのは、長野県の県庁所在地、長野市から、中腹である松本・塩尻を通り、
岐阜県をまたいで、名古屋入りします。

原村から一番近いのは、「塩尻駅」から乗るルートなのですが、
塩尻駅までは、原村の隣・富士見町にある「富士見駅」から向かいます。
他にも、中央本線を使えば、塩尻駅に行くことができます。

まとめると、こんな感じです。

富士見駅(中央本線)
↓普通列車
塩尻駅 乗り換え
↓特急しなの
名古屋駅

東京までも2時間半くらいで出れるのですが、
名古屋へもだいたい、3時間くらいで着きます。

原村など諏訪地域は、長野県の真ん中に位置しているので、
長野県内の中でも比較的、東京にも名古屋にも出やすく、
とても便利なところなのです!

 

 

で・・・す・・・が・・・

一番恐ろしいのは、乗り換えの時間。。。。

田舎あるあるではあるのですが、
普通列車から特急へ乗り換えするときに、
1時間待つこともざらではありません(笑)

この例だと、17:13から18:03まで塩尻駅で待たなければ行けません泣

わたしは、それが嫌なので
塩尻駅まで車でいっちゃいます(◎U◎)

また、駅までは車で行くことになるので、
送迎してくれる方がいない場合は、
駅周辺の駐車料金も確認した方がいいでしょう!

 

 

今回の名古屋での結婚式、
とてもとてもいい時間でしたが、
なんと、最終電車が19:40ということで、
最後まで見届けることができませんでした・・・泣

一方で、首都圏はますます便利になっていきますが、
それに慣れすぎているのかなあと思いました。
今回乗った最終電車も、最寄に付く時間は23時半。
充分遅いんですよね。これ以上遅くなったら・・・。
そんな風に、よくよく考えたら、都会の0時過ぎるまで働いている
駅員さんや運転手のおっちゃん、バスの運転手さんなどなど、
大変だよなあと思います。

便利じゃなくても、それが当たり前。
それはそれで、暮らしていくことができます。

こうして外にでると、やはりお家が恋しくなります。
お家に帰ってきて見上げた星空がうつくしかったです★

▼ おもしろいと思ったら、シェア!!▼

原村でお漬物(沢庵とカブ)をつける。

八ヶ岳に住む。夏も冬も!
ということで、この時期は、大地がカチコチに凍りつく冬であっても、
あたたかく・たのしく・おいしく(^o^)生きていくための冬支度の時期。

今日は、職場の「循環の家」で、たくあんとカブ漬けをつけるための下準備、ということで大根とカブを洗って干しはじめました!
私達の職場は、お昼は毎日まかないご飯◎
自家製野菜や、旬の地野菜もりもりのおかずとご飯が私たちのお昼ご飯です。
なので、地面カチコチの冬は、こうしたお漬物が大事なおかずになるわけです。

だいたい1週間くらい干したいから、購入~今日まではお家の北側に段ボールに詰めたまま、もちろん土付きで、葉っぱは落とした状態で、保存しておきました。
この大根は、富士見町の有機農家さん「ほそかわ農園」さんから購入しました!
ここらへんは石が多いから、細くて長い、いわゆる「漬物大根」を育てるのが難しいんだそう。そこで、ほそかわ農園さんは、間引き大根(=小さくて細め)を漬物用にしているんだそうです。

1本ずつ丁寧に洗って~(皮はむかずにそのままです)
ウッドデッキに、ござをしいて、その上に干していきます!

じゃじゃ~~ん。
大根は毎年干しているけど、今年から取り入れた“竹まくら”。
この前「真澄」さんに行ったらお庭でこうして干していたので、早速マネっ子です!
これで、ござに触れる面が減って、大根の乾きが良くなるかな~

そうそう、よく見る大根の干し方で、あさひもで縛って軒からぶら下げる方法があるけれど、あれで注意しなければならないことは、外に出しっぱなしにしちゃって「霜に当たって凍みないこと」!

ここ原村は11月でも朝に氷点下となり、強い霜が降りる事があります。
そのために干し野菜は、外に出しっぱなしにせず、霜に当たらないところに避難する必要があるのですね。。。
「家の中の日の当たる寒い所」そんな所がベストですが、最近のお家だと、これがなかなか難しい…イメージは、古民家の縁側なんですが…。

じゃじゃ~~~ん。
日光浴して、ぎゅぎゅっと、旨味凝縮に向かう大根たち。

あ!それから、赤カブも一緒に干し始めました。
これは「王滝カブラ」という、木曽郡大滝村の地野菜。葉っぱは、すんき漬になりますね!

ここから約一週間干して、いよいよ樽に漬け込みます。
それまで、しっかり日光浴してもらうことにしましょう!!

嗚呼、秋は忙し、八ヶ岳の冬支度。

yosssy

▼ おもしろいと思ったら、シェア!!▼

枯葉が落ちれば、土が肥える

こんにちは。

いやー、寒くなってきました。
原村にある我が家は、朝方氷点下になることもしばしばです。例年11月中には一度雪が降るんですが、今年はどうでしょうかね??

 

さてさて、先日、茅野市のパン屋「カルパ」さんをブログで紹介した際、人生フルーツという映画の自主上映があることも書きましたが、その「人生フルーツ」を見てきました。

その中で、象徴的に使われている言葉があります。

「風が吹けば、枯葉が落ちる。枯葉が落ちれば、土が肥える。
土が肥えれば、果実が実る。
こつこつゆっくり、人生フルーツ」

無機質で大規模なニュータウンの一画で、四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実を育てるご夫婦の物語。

雑木林を育てて、秋に落ちた葉は、畑の土に与える。

当たり前に昔から行われていた作物を育てるための暮らしの一部。

改めて、その季節の流れ、自然の流れ、必要性に気づかされる時間でした。

 

11月に入り、周囲を見渡せばすっかり晩秋~初冬の様子。

高根町の仕事場(アトリエデフ山梨営業所)の庭の大きな桜の木も葉を落としました。
その落ち葉をかき集めて、小さな菜園の土に被せてあげました◎

こつこつ、こつこつ。

秋冬野菜は作らなかったので、来年の春に向けて、土が肥えますように。

▼ おもしろいと思ったら、シェア!!▼

原村の雪とタイヤ~秋は今だけの巻~

こんにちは、紅葉がとてもきれいな原村より、おぐっぴーです!



雲で見えにくいですが、10月末には八ヶ岳に雪が降りはじめて、こんな景色が見れます。
この、”秋と冬の交差点”は、標高差があるところでないと見れないのでしょうね~
(地元民だからでしょうか、今の今までこんな現象があることに気づいてませんでした(笑))

ですが、秋はほんの一瞬。
キレイに紅葉がそろったら、雨や風で落ちてしまって、
キーーーーーーーーンとした寒さがやってきます。

車も、この通り…。
フロントガラスが夜露にぬれ、凍っています…。
11月に入ったら、徐々にこんな朝が増えていきます。

こうなったら、朝、10分ほど暖気運転(エンジンをかけて暖めておく。)しないと、
出発できません。
時間がないからといってお湯をぶっかけるのは控えましょう!ワイパーのゴムが傷みます。
(といいつつ、私はだいたい遅刻しそうなので、お湯ぶっかけてます。)

早起きして、暖気運転をさせて、職場の薪ストーブを早くつけて、
凍えながら出勤する先輩方を暖かい営業所でお迎えするのが、
夢です・・・!!!!!(実現できるのか?)

ちなみに、車のタイヤを、ノーマルタイヤからスタッドレスタイヤに変えるのも、
この時期です★

11月中旬を過ぎると、タイヤの交換の予約が埋まってくるので、
11月に入ったらすぐ、予約を取りましょう!
自分でやっちゃうよ~という方は、どうぞ慎重に慎重を重ねて、しっかり締めてくださいまし…。

さて、原村は”寒い所”なので、雪もたくさん降ると思われている方も多いのではないでしょうか?

でも、実はそこまで積もらないんですよ^ω^
だいたい10~15センチくらい。
今年はこうしてブログも始めたことだし、
雪が積もったら、記録してみようかな~

ちなみに例年の初雪時期はこんな感じ。
2014/12/2
2015/12/4
2016/11/24 ←早い!且つ積雪30cmの大雪でした(><;)
2017/12/10

雪が降るのは12月入ってからが多いんですね。
でも、降らなくても道路は凍っていることがありますので、
スタッドレスタイヤへは、早めに変えておきましょう!

以上、冬にワクワクしてきたおぐっぴーでした!

~おまけ~

炭火で焼くお友達栽培のシイタケと、干し柿にする渋柿ちゃん!
無農薬栽培のお米からしか取れない無農薬ワラをもらうのも、この季節。
会社で作っている壁土(土壁用の土)の材料となります♪
魔女の宅急便ごっご。

▼ おもしろいと思ったら、シェア!!▼

北杜市小淵沢のカレー屋サーカスさん

今朝の八ヶ岳は、ずいぶんと冷え込みました。
7時半の外気温@原村、2℃。

霜が降りて、いよいよ本格的な冬手前。
ここ八ヶ岳は、春も短いが、秋はもっと短いです。
長野県の中では南の方だし、暖かいイメージの山梨と面しているし
区分では「南信」だし(長野県は広いので、北信・中信・東信・南信と分けます)
どちらかといえば暖かいのかな?…なんて。ふふふふ、お間違いなく。
県内でも屈指の寒い地域です。

寒いとね、体の中からあったかいものが食べたいよね♪
…と、いうわけで、友人おすすめの北杜市小淵沢の
カレー屋サーカスさんにランチに行きました◎


私達夫婦は、アトリエデフという工務店勤めでして、基本水曜日がお休み。
このあたり水曜日休みは定番でして、出かける前に定休日をチェックするのは必須であります。その中で、貴重な水曜日営業!!ありがたや~

店主の方は女性。おひとりでキッチン、接客ときりもりしています。
インドやネパールを旅して、自分で見つけたカレーの味だそう…
ここ八ヶ岳の麓では、ネパールとのご縁が各所に見られます。

この日は、夫と「シカビンダル―」と「コリアンダーチキン」を頂きました。
いろんな葉っぱやスパイスの味がして、異国の大地を食べてるイメージ。
さらにこの卵のピクルスが美味い~!
(なんて名前だったか忘れてしまいました…)

土日お仕事の皆さん、八ヶ岳の麓で美味しいカレーが食べたい皆さん、
ぜひカレー屋サーカスさんに足を運んでみてください◎

■カレー屋サーカス@小淵沢CafeLen
営業日: 火.水.木曜日 11:30〜15:00 / 17:00〜20:00(L.O)
山梨県北杜市小淵沢町10149-10
・facebook ページはこちら

▼ おもしろいと思ったら、シェア!!▼