八ヶ岳に登る!~硫黄岳~

こんにちは!

八ヶ岳に住む、ブログを書き始めてから、何か足りないな~~と思っていました。

そう、ブログの冠の「八ヶ岳」の記事がないのでは!!!とはっとなりました。

というわけで、梅雨の晴れ間が、たまたまお休み、ということで、さくっと硫黄岳に登ってきましたよ。

我が家(夫婦)の重要な趣味の一つが、登山、のはずなんですが、どうも中々機会が少なくなってしまって・・・移住した人にはそんな人が多いのかも。

いつでも行けるし、快晴じゃないと行きたくないな、と贅沢になってしまってるんですね~

さて、今回登った硫黄岳。
標高2760mとそこそこ高いのですが、片道2.5時間程度と、八ヶ岳連峰の中でも初心者向けの登山ができます。
ルートは主に、美濃戸口からか、桜平駐車場から、です。ちなみに桜平駐車場は、駐車料金がかからないのでお徳かと。そして、我が家からは、車で約40分と近いのであります!

ルート上に、3箇所も山小屋があるので、休憩も良いタイミングで取れますよ。
2番目の山小屋「オーレン小屋」にある、八ヶ岳の伝説◎これ好きなんですよね。
富士山と八ヶ岳が背比べをして、負けた富士山が癇癪を起こして、八ヶ岳を蹴っ飛ばした、というものです。天下の霊峰富士がそんな地団太踏む子どものようだったとは・・・

オーレン小屋を出て30分ほどで、夏沢峠というところに到着。
ここからは正面の山頂に向けて、ずんずん登ります。右手には北アルプス、南アルプス、御嶽山が見渡せて本当に気持ちがいい!!

ちょっと最後はふうふうと息を切らしながら、無事登頂成功です◎

硫黄岳の山頂は、ちょっとだだっ広くて、登山者は思い思いの場所で、腰を下ろしながら、赤岳、横岳、阿弥陀岳といった、八ヶ岳連峰の山々を堪能することができます。
いや~、ここまでの快晴って中々ないですよ。

後ろを振り返ると、北アルプスの山々。まだ雪が残っている様子が分かります。

山頂で、お茶とお菓子&つかの間の昼寝(?)。朝早かったのでうとうとと。
エネルギーチャージをして一路下山開始。2時間ほどでさくっと下りれました。

朝6時過ぎに家を出発して、お昼12時ごろには下山してくることができました。
登った山も2760mと低山ではないしっかりとした山。こんな楽しみかたができるのは、八ヶ岳の麓に移住したからに他ならないですね。
八ヶ岳ライフならではの贅沢を満喫していかないとですね~

 

最後におまけ。
桜平駐車場から登山をしたかたには、ぜひ帰りにお立ち寄りを!
ずーっと下ってきたらそのまま行き当たります。ジェラート屋のペパンさん。
常時8種類くらいのジェラートがありますが、どれも外れなくおいしいです。この日は。アンデスメロンと花豆で!(勢いよくがっついたので写真はありませぬ・・・)
おすすめですよ~~

 

▼ おもしろいと思ったら、シェア!!▼

「パティスリーアツタマ」がアツい

八ヶ岳山麓には、言わずと知れた、名門級のすてきなお店がたくさんあります。
都会で揉まれ(笑)、修行を積んで、八ヶ岳で開業!
おいしい水、空気、食材を求めて、作り手の暮らし環境そのものを改善したくて…
そんな料理人さんが実は多くいるのも、ここ八ヶ岳の特徴のひとつだと思います。

(「あります」の看板がずっと気になっていました…)

今日、私がご紹介したいお店がこちら。
北杜市高根町のちいさなお菓子屋さん「パティスリーアツタマ」
ここは、私の勤めるアトリエDEF山梨営業所から歩いて行けます~

昭和を感じるガラスの引き戸をあけると、小さなショーケースにキラキラした洋菓子たち… じゅるり。。。
「すみませーん」!と奥に声をかけると、店主の小島さんが出てきてくれます。なんだかその辺の雰囲気は、昔田舎にあった「駄菓子屋」風。


店主の小島さんは、東京目白の有名ケーキ屋さんで修行されて、実家である北杜市「安都玉製パン工場」に戻って来られたそうです。
安都玉製パンは、北杜市内の学校給食パンを作っていらっしゃるので、お菓子ケースの裏は、こんな感じ。

北杜市内の小中学校のパンケースがずらずら~!
工房の壁には、小中学校のクラスごとの人数もびっちり書かれています。
なんだかほっとする雰囲気。

地域に根付いて、こどもたちの給食パンを作り続けている実家と、修行から戻り新たなお店を開業された息子さん…なんだかとても気になってきた…
あつたま流“継業” のお話、いつか2世帯でお話を聞いて見たいです。

(注文を受けてから入れてくれるシュークリーム、
甘すぎず、生地やクリームの触感も楽しめる絶品です!)

パティスリーあつたま ぜひお出かけしてみてください。

◆パティスリー・アツタマ (patisserie Atsutama)
山梨県北杜市高根町村山北割3268 安都玉製パン工場
https://tabelog.com/yamanashi/A1902/A190201/19010557/

yosssy

▼ おもしろいと思ったら、シェア!!▼

ぐるぐる循環する暮らし

こんにちは、おぐっぴーです!
あちらこちらで、仮払機のシュイ―ン!チャキーン!という
音が響いております。草の伸びる季節がやってきましたねえ・・・。

草刈りは大変ですが、自然が豊かなこの地域。
ならではの興味深い暮らしをしている方のおうちへ、おじゃましました!

唐松の外壁が良い色です~

玄関から続くキッチンは、藤岡瓦が敷いてあり、
薪ストーブの上には、これから漬けるという梅が!
毎年、ご近所さんからいただくそうです。
”もらった梅”での梅仕事、あこがれちゃいますよね~

なんと、米粉でクッキーを作ってくれていました。
上のジャムは、ジュンベリー。
お庭にあるジュンベリーの木から摘んだもの。
お庭と室内が繫がります。うんうん。美味しくないわけがないよね。

いいな!と思ったのは、この子。

にわにはにわにわとりがいる。というやつです!
(正しくは3羽)
この子たちの糞をまとめておいて、
発酵させたら畑にまいているんだとか!
ホームセンターで売ってる”鶏糞”を自家製。いいなあ。

お土産です。なんて贅沢!
お家で卵かけごはんにして、いただきました!
黄身がつまめる新鮮さでしたよ~

カシラの木陰が土壁に写って、キレイでした。

これから、養蜂や田んぼもやりたいの!とおっしゃっていた住まい手さん。

田んぼをやれば、ワラが手に入り、畑にマルチや保温・保湿のために使えます。
生米は鶏の餌にもなります。

養蜂をすると、みつろうが採れて、お家のお手入れにつかったり、ろうそくも作れます。もちろん蜂蜜も。
畑には、絶滅危惧種になりつつあるニホンミツバチが出入りしているそうで、
できそうなのよね~とニヤニヤ…本当に楽しそう!

鶏が出す糞は畑の肥料へ。卵は、おいしく胃の中へ。
畑から採れる野菜や穀物は、人にも行くけれど、もう一度鶏へともどります。
そこから出る生ごみも、もう一度畑の肥料へ。

ぐるぐるぐるぐる循環して、回して回して、無駄なく。
あれはどうだろう、これはどうだろう?と、その場でできることを増やしていく。
どんどん豊かになる住まい手さんの暮らし。

みなさんもいかがですか?

▼ おもしろいと思ったら、シェア!!▼

八ヶ岳ファーマーズマーケットに行ってきた!

私の情報ステーション、原村の日帰り温泉「もみの湯」。
風呂上り、こんなチラシを見つけました。

八ヶ岳に住んでいて、割と上位に来る関心事。
それは、まさに「庭づくり」。

春の話題は、だいたい野菜や草花、お庭のこと…。
野菜、何植えた?苗は何処で買った?木を植えたいんだけど、どこがよいかな、芝生に替わるものってあるんかなあ~~ などなど。

御多分に漏れず私のあたまの中もだいたいそんな状態。
そんなひとたちが集まるイベントが富士見高原スキー場の駐車場でやっていたので、行ってきました◎

ずらりと並ぶ、草と花。
野菜の苗からハーブやバラ、多肉、山野草…。八ヶ岳界隈の生産者さんが大集結していました!

ホームセンターでも植物の苗はたくさん置いてありますが、正直どれが良いのか、植えたいところの環境にあっているのか、とかとかわからない。
でも、ここだと、無農薬の苗があったり、地域環境に合ったものとか、生産者さんから直接教えてもらえるのが、とてもうれしい!

テントの下では、庭木講座やハーブ、野菜の育て方講座とかやってました。
わたしも日野春ハーブガーデンさんの「ハーブ栽培いろいろ」という無料の講座を聞かせてもらって、とても勉強になりました!

早速実践。
いろいろ見て、匂いを嗅いで気になった「キャンディミント」の苗を一株購入。

・あかるい日影
・他の植物とは30センチはあける
・ミント同士が交配すると最強ミントの子が生まれるので、ミント同士を交配させないように、気を付ける。
・株を大きくしたいときは、お花が咲いたら摘み取る

ということを気を付けて、スパイラルガーデンの東側、2段目に植えてみました◎
この場所が気に入って、他の植物たちともうまくやれるとよいな~~~

yosssy

▼ おもしろいと思ったら、シェア!!▼

さあ、土地探し!

山梨県北杜市。

おしゃれなお店があるだけでなく、
寒いけれど、畑が十分に実る気候、関東圏との距離、
子育て支援などなどのたくさんの魅力があって、移住したくなっちゃいますね!

そんなとき、ネックになるのが、土地!! とち!! TOCHI!!
北杜市に限らず、どこに住むにしても、つまづいてしまいがちです・・・。

でも、不動産屋さんもたくさんありますから、
一先ず目についたところに飛び込んでみるのも手です。
土地探しは、まるで運命。巡り合わせ。恋。。。
数打ちゃ当たる、というものではないのです・・・!

今回は、そうやって不動産屋さんに飛び込んだレポートをお送りします!

今日、おじゃましたのは、「長坂不動産」さん。
20年以上、山梨県の土地を扱う不動産屋さんです。

事前に電話して、一緒に土地を同行して見学させてもらえるかを確認。
同時に、こういう土地が見てみたい、というのを伝えて、
いくつかピックアップしていただきました◎


約束した時間・・・。
中に入ると、ずらーーーーーーっと不動産情報が!
中古も土地もたくさん扱っているようです。

では、さっそく出発!
車中でも、北杜市の土地の条例の事や、現地までの行き方を教えてくださいました。


現地では、境界がきちんとあるかの確認、上下水道がひかれているか否か、
引かれていたらどこまでひかれているか、ご近所さんの様子、、、
たくさんのことを教えてくださいました。
現地は、売地看板が立っていないところも多々ありますので、
やっぱり不動産屋さんに直接案内してもらえると、安心です!
(おぐぴは方向音痴なので、すぐ迷子になりますし・・・)

たくさん見て回った後は、もう一度室内で、番地の確認。
土砂災害警戒区域のこと、上下水道の事、地目の転用が必要かどうかなど、
気になることはたくさん質問しちゃいましょう。
不動産屋さんは地元の方が多いので、地域の事も結構教えてくださいます◎

今日は、コピーをたくさんおみやげにもらいました!

先ほども書きましたが、
土地探しは、巡り合わせ、数打ちゃ当たるというものではありません~
でも、動かないことにはなにも始まりません!
どうぞ、みなさまの土地探しが、たのしくワクワクするものでありますように!

おぐぴ

▼ おもしろいと思ったら、シェア!!▼