原村から名古屋へ。

先日、名古屋にて、お友達の結婚式がありました!

さあ、結婚式は、午後3時から。
しかも明日は、仕事。

ということで日帰り名古屋に挑戦です★

基本的に、長野県から出る時は、新幹線や特急、高速バス、車のどれかを選ぶことになります。

東京に行くときは、「特急あずさ」。最近新型が出て、話題になりました!

では、名古屋へは・・・?

このグレーのボディにオレンジのラインが特徴の「特急しなの」をつかいます。

特急しなのは、長野県の県庁所在地、長野市から、中腹である松本・塩尻を通り、
岐阜県をまたいで、名古屋入りします。

原村から一番近いのは、「塩尻駅」から乗るルートなのですが、
塩尻駅までは、原村の隣・富士見町にある「富士見駅」から向かいます。
他にも、中央本線を使えば、塩尻駅に行くことができます。

まとめると、こんな感じです。

富士見駅(中央本線)
↓普通列車
塩尻駅 乗り換え
↓特急しなの
名古屋駅

東京までも2時間半くらいで出れるのですが、
名古屋へもだいたい、3時間くらいで着きます。

原村など諏訪地域は、長野県の真ん中に位置しているので、
長野県内の中でも比較的、東京にも名古屋にも出やすく、
とても便利なところなのです!

 

 

で・・・す・・・が・・・

一番恐ろしいのは、乗り換えの時間。。。。

田舎あるあるではあるのですが、
普通列車から特急へ乗り換えするときに、
1時間待つこともざらではありません(笑)

この例だと、17:13から18:03まで塩尻駅で待たなければ行けません泣

わたしは、それが嫌なので
塩尻駅まで車でいっちゃいます(◎U◎)

また、駅までは車で行くことになるので、
送迎してくれる方がいない場合は、
駅周辺の駐車料金も確認した方がいいでしょう!

 

 

今回の名古屋での結婚式、
とてもとてもいい時間でしたが、
なんと、最終電車が19:40ということで、
最後まで見届けることができませんでした・・・泣

一方で、首都圏はますます便利になっていきますが、
それに慣れすぎているのかなあと思いました。
今回乗った最終電車も、最寄に付く時間は23時半。
充分遅いんですよね。これ以上遅くなったら・・・。
そんな風に、よくよく考えたら、都会の0時過ぎるまで働いている
駅員さんや運転手のおっちゃん、バスの運転手さんなどなど、
大変だよなあと思います。

便利じゃなくても、それが当たり前。
それはそれで、暮らしていくことができます。

こうして外にでると、やはりお家が恋しくなります。
お家に帰ってきて見上げた星空がうつくしかったです★

▼ おもしろいと思ったら、シェア!!▼

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。