枯葉が落ちれば、土が肥える

こんにちは。

いやー、寒くなってきました。
原村にある我が家は、朝方氷点下になることもしばしばです。例年11月中には一度雪が降るんですが、今年はどうでしょうかね??

 

さてさて、先日、茅野市のパン屋「カルパ」さんをブログで紹介した際、人生フルーツという映画の自主上映があることも書きましたが、その「人生フルーツ」を見てきました。

その中で、象徴的に使われている言葉があります。

「風が吹けば、枯葉が落ちる。枯葉が落ちれば、土が肥える。
土が肥えれば、果実が実る。
こつこつゆっくり、人生フルーツ」

無機質で大規模なニュータウンの一画で、四季折々、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実を育てるご夫婦の物語。

雑木林を育てて、秋に落ちた葉は、畑の土に与える。

当たり前に昔から行われていた作物を育てるための暮らしの一部。

改めて、その季節の流れ、自然の流れ、必要性に気づかされる時間でした。

 

11月に入り、周囲を見渡せばすっかり晩秋~初冬の様子。

高根町の仕事場(アトリエデフ山梨営業所)の庭の大きな桜の木も葉を落としました。
その落ち葉をかき集めて、小さな菜園の土に被せてあげました◎

こつこつ、こつこつ。

秋冬野菜は作らなかったので、来年の春に向けて、土が肥えますように。

▼ おもしろいと思ったら、シェア!!▼

原村の雪とタイヤ~秋は今だけの巻~

こんにちは、紅葉がとてもきれいな原村より、おぐっぴーです!



雲で見えにくいですが、10月末には八ヶ岳に雪が降りはじめて、こんな景色が見れます。
この、”秋と冬の交差点”は、標高差があるところでないと見れないのでしょうね~
(地元民だからでしょうか、今の今までこんな現象があることに気づいてませんでした(笑))

ですが、秋はほんの一瞬。
キレイに紅葉がそろったら、雨や風で落ちてしまって、
キーーーーーーーーンとした寒さがやってきます。

車も、この通り…。
フロントガラスが夜露にぬれ、凍っています…。
11月に入ったら、徐々にこんな朝が増えていきます。

こうなったら、朝、10分ほど暖気運転(エンジンをかけて暖めておく。)しないと、
出発できません。
時間がないからといってお湯をぶっかけるのは控えましょう!ワイパーのゴムが傷みます。
(といいつつ、私はだいたい遅刻しそうなので、お湯ぶっかけてます。)

早起きして、暖気運転をさせて、職場の薪ストーブを早くつけて、
凍えながら出勤する先輩方を暖かい営業所でお迎えするのが、
夢です・・・!!!!!(実現できるのか?)

ちなみに、車のタイヤを、ノーマルタイヤからスタッドレスタイヤに変えるのも、
この時期です★

11月中旬を過ぎると、タイヤの交換の予約が埋まってくるので、
11月に入ったらすぐ、予約を取りましょう!
自分でやっちゃうよ~という方は、どうぞ慎重に慎重を重ねて、しっかり締めてくださいまし…。

さて、原村は”寒い所”なので、雪もたくさん降ると思われている方も多いのではないでしょうか?

でも、実はそこまで積もらないんですよ^ω^
だいたい10~15センチくらい。
今年はこうしてブログも始めたことだし、
雪が積もったら、記録してみようかな~

ちなみに例年の初雪時期はこんな感じ。
2014/12/2
2015/12/4
2016/11/24 ←早い!且つ積雪30cmの大雪でした(><;)
2017/12/10

雪が降るのは12月入ってからが多いんですね。
でも、降らなくても道路は凍っていることがありますので、
スタッドレスタイヤへは、早めに変えておきましょう!

以上、冬にワクワクしてきたおぐっぴーでした!

~おまけ~

炭火で焼くお友達栽培のシイタケと、干し柿にする渋柿ちゃん!
無農薬栽培のお米からしか取れない無農薬ワラをもらうのも、この季節。
会社で作っている壁土(土壁用の土)の材料となります♪
魔女の宅急便ごっご。

▼ おもしろいと思ったら、シェア!!▼

北杜市小淵沢のカレー屋サーカスさん

今朝の八ヶ岳は、ずいぶんと冷え込みました。
7時半の外気温@原村、2℃。

霜が降りて、いよいよ本格的な冬手前。
ここ八ヶ岳は、春も短いが、秋はもっと短いです。
長野県の中では南の方だし、暖かいイメージの山梨と面しているし
区分では「南信」だし(長野県は広いので、北信・中信・東信・南信と分けます)
どちらかといえば暖かいのかな?…なんて。ふふふふ、お間違いなく。
県内でも屈指の寒い地域です。

寒いとね、体の中からあったかいものが食べたいよね♪
…と、いうわけで、友人おすすめの北杜市小淵沢の
カレー屋サーカスさんにランチに行きました◎


私達夫婦は、アトリエデフという工務店勤めでして、基本水曜日がお休み。
このあたり水曜日休みは定番でして、出かける前に定休日をチェックするのは必須であります。その中で、貴重な水曜日営業!!ありがたや~

店主の方は女性。おひとりでキッチン、接客ときりもりしています。
インドやネパールを旅して、自分で見つけたカレーの味だそう…
ここ八ヶ岳の麓では、ネパールとのご縁が各所に見られます。

この日は、夫と「シカビンダル―」と「コリアンダーチキン」を頂きました。
いろんな葉っぱやスパイスの味がして、異国の大地を食べてるイメージ。
さらにこの卵のピクルスが美味い~!
(なんて名前だったか忘れてしまいました…)

土日お仕事の皆さん、八ヶ岳の麓で美味しいカレーが食べたい皆さん、
ぜひカレー屋サーカスさんに足を運んでみてください◎

■カレー屋サーカス@小淵沢CafeLen
営業日: 火.水.木曜日 11:30〜15:00 / 17:00〜20:00(L.O)
山梨県北杜市小淵沢町10149-10
・facebook ページはこちら

▼ おもしろいと思ったら、シェア!!▼

八ヶ岳の紅葉のこと

八ヶ岳は、紅葉の季節になってきました。
名所に行けば圧巻の紅葉が見られると思うのですが、
生活しているエリアは針葉樹が多いので紅葉もちらほらです。

それでも、少しでもくっきりした黄色や赤の葉っぱが地面に落ちていたり、
枯葉の上をがさがさ歩いたりすると、季節の移り変わりを思い切り肌で感じられます。
この時期だけでなく、八ヶ岳での毎日はいつもすぐ隣に季節があるような。
そんな感じです。

 

私の住んでいる、原村をちょっと散歩。
落ちている葉っぱのほうが、紅葉が目立ちます。
ついつい足元ばかりみて歩いてしまいます。

 

・・・とはいえ、ちゃんと観に行ってみようかなと思い、やってきました。

仕事場から程近くのお手軽な名所、北杜市・清里へむかう途中の橋です。

駐車場にはすでに、県外車が出たり入ったり。
早くからすごいなーと思ったけど、日曜日だもんね。

余談ですが、実は・・・

八ヶ岳山麓の地元民や、長野県民の多くは、登山というものに
興味がない人が多いです。私もその1人・・・。
小学5年生くらいになるとどこの学校でも登山をするのですが、
集団登山の大変さに、登山への関心が薄れてしまうケースが多い気がします。
でも、「山のある風景は大好き。」「周りが山に囲まれていないと落ち着かない。」
そういう人も多いです。
そのため、わざわざ奥深いところまで紅葉を見に行く地元民、少ない気がします。

 

さて、肝心の紅葉はというと。

・・・私、橋に差し掛かった時点で、気づいてしまいました。

なんと北杜市、まだ全然、紅葉していませんでした。

すごいみどり

自分の山への関心の薄さに、自分で驚きです。

紅葉はまだでしたが、朝のお散歩と橋からの眺めを楽しむ人がけっこういました。
皆、紅葉を期待してきたのかなー

眺めはとっても良いし、橋はかっこいい。
かなり高いので、少し身を乗り出すだけでもちょっと怖いです。
紅葉してたらもっと綺麗だったんだろうな・・

今回は下見ということで。
紅葉してきたらまた、リベンジしたいと思います!

 

 

=チカ=

▼ おもしろいと思ったら、シェア!!▼

八ヶ岳と自転車

八ヶ岳山麓の、北杜市、富士見町、原村、茅野市、だいたいどのエリアでも車は必須アイテム。移動手段として欠かせない、というのは言うまでもありません!

 

が、こんな四季折々の美しい景色がある場所を車窓から見るだけってのはもったいなくないですか?

車で走っていると、エコーラインを中心に、ロードバイクでサイクリングを楽しむ人によく出会います。
正直、坂が多いし、きっとしんどいと思うんですけど、高原のきれいな空気を味わいながら、広い空、春の新緑や、秋の紅葉を愛でながら走るのは気持ちいいんだろうなーと思います。

そんな私ですが、東京から移住してくるときに、街乗りクロスバイク(銀座や東京駅、神保町、上野など、平なところをふらふらしていただけ・・・)をこちらに持ってきていました。

でもなかなか乗るのが億劫で、、、となっていましたが、今年の春に心機一転、タイヤにチューブにブレーキに、と一通りメンテナンスをしまして、自転車ライフも楽しめるようになりました◎

そんな折に、少し建築のお仕事をさせていただいた、北杜市の生長の家さんから、ヒルクライムレースに参加しませんか?とのお誘い。

 

ヒルクライム。

 

その名の通り、山に向けてひたすら駆け上るレース。走行距離4.4㎞、標高差が約400m。率直に言って、(「無理無理!!!)、てな気持ちでしたが、ここは清水の舞台を飛び下りる気持ちで、ということで参加を決意。

つい昨日のこと、紅葉真っ盛りな10月20日に参加してきました~

お供に、会社の新人2人(大工さんと広報ガールです)を連れて。

(笑顔ですが、実際のところレース前で結構緊張気味)

80名ほどの参加があったそうです。化石燃料に頼らない移動手段を使うことで、地球環境を守ろう!という大きなテーマを掲げたイベントだったので、本気の人もいれば、仮装した人がいたり、はたまた電動アシスト付自転車で参加の方まで多種多様。
(はるばる、アメリカ、ドイツ、台湾、ブラジルからの参加者も)

 

いよいよスタート!全部で7つぐらいのグループに分かれて時間差スタート。
広報ガールAさん、がんばれ!!

 

と、ここから先はひたすら自転車を30分ほどこぎ続けたので、お写真ございません。ゴメンナサイ。

 

ということで、私のゴールシーンだけ。標高1529mのゴール地点です。

 

感想をありのままに言うと、

「めちゃめちゃしんどかった」

につきますね。いや、心臓とびでそうでした。紅葉もチラチラと目に入るものの、とてもとても愛でている場合ではありやせんでした。。。。

それもこれも日頃の運動不足ですね。やっぱり登りだけってのは楽しくないので、色々と織り交ざったルートで楽しみたいなーと思いました。

 

スタート地点への帰り道に、少し寄り道。

実はこの場所に、かまど小屋と土かまど、ウッドデッキを作らせてもらったんです。

 

翌日、自然の恵みフェスタ2018というお祭りが行われていたので、ちょっとだけ覗いてみると、

かまどでもち米を蒸して、お餅つき◎

奥のウッドデッキで、みなさんでつきたてのお餅を堪能中でした。最高な風景ですね~

▼ おもしろいと思ったら、シェア!!▼